膝痛と関節炎の関係性についてですが、密接な関係にあるということが出来るでしょう。 膝痛が起こる原因としては様々あるといわれていますが、最も多いものとして関節の軟骨(加齢と共に擦り減ってしまうことが多く、関節などに痛みを感じることが増えます)がすり減ることによるものが挙げられます。 関節炎とは、何かしらの原因によっては関節の部分に炎症が起こり、熱や痛みが出たり、腫れ上がったりする疾患です。 関節は、肩や肘、足首や腰(股関節)、指や手首など、身体の色々な部位にあります。 もちろん、膝にも関節があることでしょう。 関節は骨と骨の間にあって、骨を繋ぎ合わせる役割を持っています。 さらに、関節部分にある軟骨(加齢と共に擦り減ってしまうことが多く、関節などに痛みを感じることが増えます)は、骨と骨が直接ぶつかり合わないようにしているのです。 加齢や体重の増加などによって関節に負担がかかり、軟骨がすり減り、骨と骨がこすれ合ったり、骨そのものが変形したりすることで炎症を起こすのが関節炎です。 膝痛は、どんな時に起きたかによって異なりますが、関節炎によるものがほとんどと考えられているようです。 以上のことから、膝痛と関節炎は非常に関係性があるといえるでしょうー